2004年07月16日

釣り

下の「エアームドに10万ボルトは絶対当たらない」ですが、実際は「釣り」という崩し方があります。
エアームドにライコウを出した直後、相手がイノムーを出すのを読んでヘラクロスを同時出しします。
これを何度か繰り返すと、いいように読まれるのが嫌な相手は、ヘラ交換読みでドリルを撃ってきます。
このタイミングを読んで、交換せずに10万ボルトを当てることが出来れば均衡を崩せます。
ただ、この場合はヘラクロスにドリルが当たったら即死なのでかなりリスクが高いですが。

これは意外に引っかかる人が多いですが、受けパターンが安定していれば、
下手な動きをしない限り負けることはないです。
状況をよく見て、PP戦等で勝てるようなら乗らないようにしましょう。
こっちのイノムーに対してヘラクロスを同時出しされても、ヘラクロスにはエアームドをほぼノーリスクで出せるので、読まれたことで全く損はしてません。
posted by ひのえ at 00:00| Comment(0) | テクニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。