2004年02月11日

身代わり食べ残し

眠るなしの身代わり+食べ残し。
相性的に有利なときとか、相手が補助技撃って来そうなときとかに身代わりを出す。
そのまま身代わりに隠れながら戦うエースです。

利点
1.補助技にとても強い。
寝言じゃないエースの場合の単発眠るだと、麻痺など食らった時点で機動性大幅ダウン。
身代わりなら技三つ持ちつつ、機動性を落とさずに戦えます。
また、自爆やカウンターなども防げる。
2.交換読みが楽。
たとえばこっちがサンダースで、相手がスイクン、相手の控えにガラがいる場合。
10万撃ってガラを出されるとサンダース下げざるを得ないので、
めざ氷を撃つかどうかの読みが必要になります。
ここで身代わりがあれば、とりあえず身代わりを出しておくことができます。
3.速攻がかけやすい
こっちが早いポケモンで身代わりが出た状態を作れれば、2回の攻撃がほぼ確約されます。
とめられにくいポケモンで使えば一気に畳み掛けれます。
4.宿木や毒、麻痺との組み合わせ
取り巻きが上のような技を使ってから出せば、相手に交換を強いたり身代わりを残せたりでき、
攻撃の隙を作れる。

欠点
1.受け役割がなくなる
眠るがないので、食べ残しのみで回復が間に合う相手しか受けられません。
また、状態異常を持っている相手には交換で出せない。
このため長期戦に弱く、速攻以外のパーティには向きません。
2.相手の能力上昇に弱い
打撃エースではのろいを積まれると攻めにくくなるので、
特殊攻撃エースの方が使いやすい。(カビを押せる必要はあり)
打撃ポケモンでも剣の舞などがあれば問題ないが、攻撃技が二つになることによる止められやすさと、吠えるを使われるとまとめて解除されるのが痛い。
3.相手の方が早いと意味がない
出来るだけ早いポケモンで使いましょう。
4.エースの攻撃を止められると意味がない
相手にこちらの攻撃を完封できるポケモンがいる場合、
身代わりをいくら貼っても下げないとならないため、速攻がかけられず手詰まりになります。

まとめ・攻撃範囲が広く素早いポケモンで使うと強いです。
posted by ひのえ at 00:00| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。