2003年07月21日

アイアンテール

アイアンテール、威力100技なのに何故か他に比べて使用率が低い。
命中率が75%と低い、鋼技自体抜群な相手が少なく(氷と岩だけ)、半減されやすい(炎水電気の3大属性と鋼)などがその理由ですね。
しかし、使いどころを考えればそんなに捨てたものでもないんです。

鋼技のメリットとしてはまず、無効化される属性がない、というのが挙げられます。
そこで、のろい吠えるやのろい嫌な音など、攻撃力が上がれば強烈だが、攻撃技が一つしか入れられないエースに入れるという使い方があります。
ノーマル技などでは、いくらのろいを積んでもゴーストが出てくると意味がないですが、
アイアンテールなら無効化属性がないので、止められることがありません。
岩、飛行、虫も無効化属性はないですが、多くのポケモンが覚えられて威力の高い技が存在しないので、
この使い方をするならアイアンテールがベストです。
また、PPが高威力技の中でも特に多い(最大24回)のも、メイン技に向いています。

また、鋼技のポイントとして、岩に抜群で、ゴーストに通常ダメージ、というのがあります。
これにより、ノーマルポケモンのサブウェポンとして持たせれば、鋼以外には攻撃できるようになります。
しかも3割防御ダウンがあるので、防御を下げてメイン技で一気に押す、補助技のような使い方も出来ます。

この3割ダウンは、なかなか馬鹿にはできません。
PP最大24回のうち、期待値で75%の18回命中するとして、そのうち3割が下がるので、全弾撃つうちに5.4回防御が下がる計算になります。
例えば、のろい合戦になる前に、相手に6回くらいのろいを無駄使いさせておきます。
この状態でのろい合戦を始めれば、6回積んで相手ののろいは残り4回になります。
ここからアイアンテールを撃っていけば、5回以上は防御を下げれる計算なので、下がった防御をのろいで補おうとしても追いつかず、
のろい合戦に勝てる可能性が高くなります。

他にも、アイアンテールは特殊メインのポケモンでも覚えられることが多いので、電気や炎のサブウェポンとしても有能です。
電気のサブウェポンとして入れれば、岩地面系にも抜群だし、カビゴンや草系などにも交換時に当てて防御を下げれば大ダメージを与えられます。
これなら、電気系とハガネール以外にはかなり止められにくくなります。
炎系のサブウェポンとしても、炎の効き辛い岩をアイアンで倒し、鋼技の効き辛い鋼系を炎で焼けるので、非常に相性がいいです。
posted by ひのえ at 00:00| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。