2004年12月28日

圧力、隙まとめ

単純なカビ受けはサブウェポンに左右されるので読み、巡り合わせ運を脱せない。
受け二匹を毎回出すわけにもいかないし。
短期で勝つ手段があれば、リフ宿木ナッシや道連れゴースト、ゴローニャなどで一時的な受けは利く。
一応、丸くなるツボツボなら一匹で受けれるが、他のところで問題がいっぱい出てくる。

しかしカビに確実に受けが利くポケがいない以上、カビをほぼ無抵抗で呼ぶ特殊ポケは使いづらいというしかない。
特殊でリフ張ってものろいカビを後出しで倒せるポケが少ないので、できればリフ+状態異常が欲しい。
毒持ち特殊+適当なノーマル受けでも長期戦にならなければどうにかなる。
それでもカビを倒せるわけではないので特殊は多くて2、3匹くらいまで。
宿木ナッシーなど普通にカビを倒せるものは特殊には数えない。
逆に補助ポリゴンなどはこの場合特殊に数える。


ガラガラは、低レベルなら逆にパルシェンで撒きびしチャンスを作れるし、スイクンでも受けれる。
問題は高レベルガラ。
これは3匹全員でガラに圧力をかけて対処するのが一番いい。
パーティにガラに隙を作るポケを入れるときは、ガラエースには出さないように構築を工夫すれば大丈夫だと思う。
(カビ、低ガラはどんなパにも入るのでこの手が使えない)
リフギャラサンダなどでも短期的に誤魔化すことは可能。
泥棒エアームドでも、泥棒さえ成功すれば受けれる。

っといったことが言いたかったのですが、ここまでまとめるのに数ヶ月かかったのか。
前書いたのはよく分からないので忘れてください。
圧力という表現よりも隙で考えた方が分かりやすい。
圧力ってのは意味的に倒せる力だと思うので、リフ張るだけとかはやっぱり違う。
ガラ圧力ってのはあるけど、カビ圧力は考えなくていい。隙を作らないことと倒せること。
ガラ圧力→できれば先手でガラの体力を半分程度削れる。もしくは先手リフ+ガラにある程度効く攻撃。

特殊は減らす方向になっていくので、火炎がカビの究極形だと信じたいです。



受けれないサブウェポンを持ったカビにはほかで勝つ手段がある。
サブウェポンが当たれば受けれるので、勝つ可能性を上げるためにカビ受けを出す。
情報戦や6匹選択の時点で敵のカビやガラの技が読めている。

×
受けれないサブウェポンを持ったカビやめざパガラが来たらあきらめる。


いずれにしろノーマル半減か無効は最低一匹欲しいです。
自爆とかいろいろ不測の事態があるので。
posted by ひのえ at 11:10| Comment(2) | 構築関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。